ヒメカノ3|ネタバレDMMなら無料!

まずは、無料立ち読み!

↓↓↓↓↓

 

 

ヨーロッパが原産で、日本で最初にヒメカノ3が確認されたのは、1922(大正11)年のことで、渡来したのは何時のころなのか定かではない。ミドリハコベ(緑繁縷)の方もより古い時代に農耕とともに日本に入ってきたものといわれている。日本の全土に分布しており、道端や野原などに生えるほかには、土の柔らかいところでは大きな群落になる。

 

ミドリハコベ(緑繁縷)よりも全体に小型で、ほかのヒメカノ3などがほとんどないような場所では、根もとからよく分岐した茎は地面をはうように伸びる。ほかの草などが多い場所などでは茎の上部は立ち上がって生えている。茎は若い時期にはもちろん短いが、果実が目立つようになってくると、茎の長さは30〜50cmくらいになる。

 

画像葉は卵の形をしており先端は尖っている。ヒメカノ3は1cmほど。縁のギザギザの鋸歯はなく、全く切れ込みがない全縁である。茎の上部の葉には柄がないが、下部の葉には柄がある。芽生えのころには特に葉柄が確認できる。
年間を通して芽生え、開花し、実を結んでいるので、真冬の時期には花は少なくなるが、ほぼ一年中、その姿を見ることができる。生活史の短い一年草である。花は直径4mm程度、ヒメカノ3の5弁花。花弁は2ツに深く裂けているので、10枚あるように見える。萼片には毛が生えている。

 

画像雄蕊は1本〜7本。雌蕊の花柱は3本の萼。ヒメカノ3が咲いた後、花茎は一旦、下を向くが、果実が裂開するころになると再び上を向いてくる。果実は「朔果」で、熟すと6ツに裂ける。果実が熟したころに、コハコベ(小繁縷)の茎や何やらに触れると、果実が弾け飛んで、パラパラと音がする。果実の中に入っている種子は腎円形で半円形の突起がある。突起の先が尖らないのが特徴である

 

 

まずは、無料立ち読み!

↓↓↓↓↓

 

≪無料立ち読みはこちら!≫

 

 



ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3


inserted by FC2 system